足型分析-酒田五法-株

足型分析ー酒田五法ー株

by Atelier-A, LLC

足型分析-酒田五法-株
GooglePlayストア

酒田五法について


酒田五法は江戸時代、米相場で財をなした本間宗久が考えた足型投機テクニックです。
外国人投資家も投資判断の参考にする足型もあり、テクニカル分析において足型分析は必要不可欠といえます。
酒田五法は基本的には「三山」「三兵」「三川」「三空」「三法」の5つのパターンで構成されています。


1.三山

上昇下落を3度繰り返し、相場の転換期を表し、以後下落するパターンです。

2.三兵

3期連続で陽線または陰線が続いた状態で、大きな上げ、もしくは下げ相場の前兆を表すパターンです。

陽線の場合は赤三兵、陰線の場合は黒三兵と呼称します。

→ページ先頭に戻る

3.三川

相場の転換期を表すパターンです。

上昇の次に星が生じ、その後大きく下落すれば「三川宵の明星」、逆に急落の次に星を生じ、その後急反発すれば「三川明けの明星」と呼称します。

→ページ先頭に戻る

4.三空

4本の陽線及び陰線の間に3つのマドを空けた状態で、相場の行き過ぎを示すことから、転換期を表すパターンです。

上昇時は「三空踏み上げ」、下降時は「三空叩き込み」と呼称されます。

→ページ先頭に戻る

5.三法

短期間に上昇、下降を繰り返し売り買いが交錯した状態で、相場は「売るべし、買うべし、休むべし」であるという、三つの法のことです。

→ページ先頭に戻る



Atelier-A, LLC since november 28, 2008