足型分析-酒田五法-株

足型分析ー酒田五法ー株

by Atelier-A, LLC

足型分析-酒田五法-株
GooglePlayストア

推奨する利用方法


 酒田五法により抽出された銘柄が翌日に必ずシグナル通りに動くものではなく、むしろ、2、3日後に動く事が多いのです。
 また、動いたからといって思惑通りになるとは限りません。
 それは、各足型の説明でも触れている様に、「悪材料が出なければ…」とか「材料が出ると…」といった様に条件付きだからです。
 これでは、市場に精通した方でないと、情報を入手し難いだろうし、たとえ情報を入手出来たたとしても、それが持つ市場での意味も理解するのも難しい事がよくあります。
 専門家でさえ大きく意見も異なる事も多く、一般の方は誰の話を信じて良いのやら判断が難しいものです。
 とは云え、市場に関わりたい一般の方は多いと思います。

 市場は多くの投資家の心理状態を反映したものでもあり、そこに何等かの法則を見出したいのは人情というべきものでしょう。
 様々なテクニカル分析が存在しますが、日本には酒田五法というローソク足のパターン分析手法がありました。
 パターン分析なので、何やら投資家の心理状態を現している様に思え「先人の知恵である酒田五法には、何かあってもいいのではないか?」と考えてしまいます。
 そこで、「酒田五法はテクニカル分析である以上、チャートのみで結果を出すべき」と考え、チャートの利用法を工夫し、一般の方でも利用する事を可能にし、アプリを多くの方に利用してもらうのが、本サイトの目的である訳です。
 一般のご利用者様には、損をしないのが一番と云う前提で、以下に推奨する売買方法を記述しましたので、参考にして頂きたいと存じます。


( 推奨方法 )

 現在推奨する方法は、買いシグナルの場合、抽出された銘柄を翌日の寄付きで購入し、暫く様子を見てその日の終値を予想(陽線となるか陰線となるか程度)し、陽線と踏んだら、翌々日から3日間程度の間の比較的高めで決済し、陰線と踏んだら躊躇なく損切りする方法です。
※もちろん売りシグナルであれば、買いシグナルとは逆の判断となります。
 この方法であれば、投資に不慣れであっても比較的簡単に株売買が出来ると思います。


( 推奨根拠 )

 もちろん、株売買に絶対的なものはありませんから、統計的な判断となります。
 例えば、次の2016年11月29日(対象は11月18日抽出)の「足型抽出結果検証」の場合
11月22日~11月29日までの翌日(11月21日)の寄付き(始値)に対する買いシグナルの騰落はあまり良くない結果(売りシグナルは無残と云うべき結果)で、それを集計した平均値である「5日比」(58.3%)は当然同様結果です。
 その右隣の「寄付き検証1」は11月21日の終値>11月18日の終値の銘柄のみを対象とした結果(52.9%)で、これも不満な結果でした(通常は「5日比」より良い結果にはなりますが…)。
 更に右隣の「寄付き検証2」が推奨する方法での結果(81.7%)で、大きな期待を持てる数値になっている事が分かります。
※「寄付き検証2」は売りシグナルの結果でさえ78.6%となっている。

 ただし、これも絶対ではなく日によっては芳しくない結果となる日もあります。
 しかしながら、次の2016-10-06~2016-11-18の30取引日間の「足型抽出結果検証」を集計した結果を見ますと、
上図の様に「寄付き検証2」の結果が概ね利用出来そうな数字と云えそうです。
 ただし、上図の例では検証期間は上昇相場で「売りシグナル」については少し悪い結果の様ですが、サイトにて他の取引日の結果を見て頂ければ、実感出来ると考えます。


Atelier-A, LLC since november 28, 2008